ダイビングでつながる世界

沖縄離島でダイビング!おすすめな沖縄離島5選

沖縄の離島

みなさんは、沖縄の離島まで足を延ばしたことはあるだろうか。沖縄の離島は沖縄本島とはまた違った顔を持つ。また、それぞれの離島の特徴も違いすべての離島を周りたくなる衝動にかられる。沖縄本島、慶良間諸島を除く沖縄離島でおすすめな離島5選をお届けする。

はての浜が有名な久米島

久米島と言ったら、まず頭に浮かぶのはGoogleアプリのCMにも登場した砂浜だけの島「ハテの浜」ではないだろうか。久米島のダイビングポイントは、サンゴの群生が美しくゆっくり潜れる南側のポイントと潮がビュンビュン流れてエキサイティングする北側のポイントに分かれている。

北側のポイントは、地形もダイナミックでロウニンアジやギンガメアジのトルネードも見ることができる。

マンタ遭遇率ナンバーワン!石垣島

石垣島と言えば、代名詞ともなっている「川平石崎マンタスクランブル」ではないだろうか。おそらく、沖縄の離島の中でも一二を争うマンタポイントであることは間違いない。また、川平エリアは何と言っても、湾の美しさではないだろうか。真っ白な砂浜とグラデーションがかった青い海とのコラボは素晴らしい。

石垣島は、マンタポイントだけでなくサンゴの群生が美しい米原や地形ポイントが人気の荒川などおすすめできるボートダイビングポイントがいくつもある。

宮古島は、やっぱり「通り池」


宮古島は、やっぱり「通り池」ではないだろうか。あの淡水と海水が混ざりあったなんとも言えない空間は、とても幻想的だ。あの色合いは、絵の具を何色使っても再現できないのではないだろうか。

通り池以外にも、洞窟やケーブ、アーチなど地形派ダイバーを飽きさせることはないと言っていいだろう。

東京や大阪から直行便も飛んでいるため、とても行きやすいのも特徴だ。家族連れでも楽しめる離島の一つだと思う。

大物遭遇率ナンバーワン!西表島


西表島は島全体が国立公園に指定されているほど、手付かずの大自然が陸上、海の中とも残されている。西表島と言ったら、やはり大物との遭遇率ナンバーワンを誇る海だろう。イソマグロやバラクーダの群れは常連中の常連で、当たり前のように目の前を通り過ぎる。

ただ、西表島は大物だけでなく、テンジクダイやマンジュウイシモチなどのマクロ派ダイバーにも非常に人気が高い。

サンゴ礁もここ西表島が沖縄ナンバーワンというダイバーも多い。沖縄ナンバーワンということは日本ナンバーワンということにもある。

また、西表島は水中だけでなく、陸上もマングローブツアーやカヌーツアーなど大自然を満喫できるアクティビティが満載なのが嬉しい。

「海底遺跡ポイント」が謎が謎を呼ぶ与那国島

 

#よしまる荘 #与那国の夜 #与那国島 #ダイビング #海底遺跡

めるたん㌘@チワワさん(@meltan_chiwawa)がシェアした投稿 –

与那国島と言えば、「海底遺跡ポイント」に潜らないわけにはいかないだろう。どう見ても、人の手が入ったとしか思えない直角な岩の重なりや階段がかなり広範囲に海底に眠っているのだ。水中でその全体像を見ると、遠い古代にタイムスリップしたような感覚に襲われる。

ただ、遺跡なのか自然にできた造形なのかについての議論に結論は出ていない。結論が出ていないがゆえに、謎が謎を呼ぶ海底遺跡なのだ。

与那国島と言えば、もう一つ忘れてならない大物を忘れてはいないだろうか。そう、ハンマーヘッドの群れ「ハンマーリバー」だ。ここ与那国島ではハンマーリバーのベストシーズンは、冬になる。

海底遺跡ポイントも冬のほうが海況が安定するため、ここ与那国島のベストシーズンは冬なのだ。

与那国島のハンマーリバーを見たければ、上級者ダイバーに早くなれるように努力をしてほしい。潮の流れは、半端ないので覚悟が必要だ。

飽きることのない沖縄の離島

沖縄のどの離島も独自の特色を持っており、飽きることがない。ぜひとも、みなさんも沖縄の離島を制覇してほしい。そのために、日頃のダイビングスキルのアップに励んでほしいと思う。

川島 剛 by
19歳のころにダイビングにハマり、PADIオープンウォーターダイバー取得からわずか1年でPADIオープンウォーターインストラクターを取得。その後、PADI IDCインストラクターを立て続けに取得。現在は、タイの田舎町に移住しておりダイビングからは遠ざかっています。 お気に入りのダイブスポットはやはり、パラオ。ブルーコーナーの真っ青な海と潮の流れがしびれます。 ダイビングは、生涯スポーツとも言われています。年齢性別関係なく、楽しむことのできるレジャー・スポーツです。水中での体験は、非日常的でありエキサイティングなものです。 五十の手習い!タイの地で足るを知る ~崖っぷちの人生を豊かにする法則ブログ~を執筆中
SNSでフォローする